水唱餞歌



はるはらはら

はらり、梅の花びら流れ

はらり、春の風が吹き荒れ

春は、すぐそこ





響く声
すこしでも、溶かせたかな
すこしでも、軽くなったかな
永遠はないから、今を全力で
だけど、永久はあるから、今を全力で

笑ってくれるなら、泣いてもいい
幸せでいてくれるなら、俺はそれだけで幸せ

疑うことは無い
信じる
揺らぐことは無い

信じる

花が咲くのを
風が吹くのを
日が照るのを

春が来るのを


うたをうたおう
終わらないうたを
[PR]
by kaze-kara | 2009-02-18 01:00 | 白昼夢ノ日常
<< ようこ 電池切れ >>

  PBW「シルバーレイン」     雀宮棘の日常と思考。